院長の部屋

院長:山本寿郎

院長:山本寿郎

特定検診


 2008年4月より特定検診が始まり、従来の市民検診がなくなりました。特定検診の目的はメタボリック症候群やその予備軍を早期に見つけ出し、色々な指導を行うことにより生活習慣病を予防するというものです。 目的は素晴らしいものですが、実際には色々問題点があります。

一つ目は検査項目が市民検診時より減ってしまったことです。 今年の4月より採血検査でクレアチニン、尿酸の項目が増え、検尿では尿潜血の項目が増えましたが、貧血の検査はありませんし、心電図検査もありません。
従来の市民検診は「ミニミニ人間ドック」とも言える内容でしたが、特定検診は「メタボ検診」に特化しています。
検診を受診される方から「体の調子が悪いので、特定検診を受けにきた。」や「人間ドックの代わりに色々な検査をしてほしい。」など、検診に来られた理由をお聞きしますが、残念ながら、特定検診では検査項目が充分ではないため、「体の調子の評価」や「人間ドックの代わり」はできないとおもいます。特定検診はあくまで、メタボリック症候群やその予備軍を見つけ出す検診です。

二つ目は特定検診の結果を直接お伝えできないことです。 現時点では、特定検診の結果は保健センターより結果の通知があって、その指示に従うことになっています。診察室でお顔を合わせて話をするのと文章での指示では、説明のインパクトや細かいニュアンスに違いがあると思います。 また、結果の通知だけでは、異常値があっても診察に行くのが面倒になって「まあいいや。」になりがちなのではないでしょうか。

最後は費用の問題です。 今までの市民検診の基本検査は無料でした。 国民健康保険の方は特定検診も費用がかからず無料なのですが、他の健康保険の方は費用がかかります。 その費用は保険組合によって様々に異なっており、非常に高い検診料金がかかる場合があります。

以上のような理由から、私個人としてはあまり特定検診受診をお勧めしていません。 今までお医者さんで検査をした事が全くない方は、特定検診を受けて自分の健康状態に関心を持つという事は大変良いと思います。 しかし、何か調子が悪いという方や現在治療中の病気があってその経過観察のつもりで特定検診を受けるということには無理があると思います。そのような場合は通常の診察、検査をお勧めします。

2009.07




2008〜2009シーズン、マラソン結果報告


08年7月 走行距離183.8キロ


08年8月 走行距離201.7キロ


08年9月 走行距離233.1キロ

 出場大会:9/28(日)三河高原トレイルランニングレース 24キロ 記録:2時間23分58秒
愛知県新城市で行われたトレイルレースです。11月の福知山マラソンに向けての練習のつもりで出場しました。全体的にほぼ走ることが可能なコースで、景色はあまり良くありませんでしたが、楽しめました。

08年10月 走行距離241.7キロ

 出場大会:10/26(日)生駒チャレンジ登山大会 32キロ 記録:3時間39分39秒
この大会も福知山マラソンの練習のために参加しました。大阪府山岳連盟が主催する大会で登山大会という名前になっていますが、トレイルランの部とウォーキングの部があります。コースは私市駅近くの星田園地のすぐそばからスタートし、室池園地、生駒山山頂近くを通って八尾市にある高安山がゴールです。コースの1/3ぐらいが舗装路であまりトレイルランらしくなく、ちょっとがっかりでした。スタートから雨がポツポツ降っており、レース後半は本降りになり、コースが滑って大変走りにくかったです。

08年11月 走行距離208.6キロ

 出場大会:11/2(日)大阪・淀川市民マラソン ハーフマラソン 記録:1時間34分39秒(ネット、自己ベスト)
今年からタイム計測がチップ制となり、正確なゴールタイムがわかるようになりました。一歩前進ですが、相変わらず参加人数の割にはトイレが少なく、スタート前は長蛇の列になっています。毎年のことなので、改善してほしいですね。
11/23(祝)福知山マラソン フルマラソン 記録:3時間19分21秒(ネット、自己ベスト)
自分の実力からは最高の結果になりました。前半のハーフが1時間38分41秒、後半のハーフが1時間40分40秒とゴール直前の登りを考えるとほぼイーブンペースで走り切れました。

08年12月 走行距離159.3キロ

 出場大会:12/14(日)東山三十六峰マウンテンマラソン 30キロ 記録:3時間18分33秒
京都の宝が池をスタートして大文字山など東山を走り、伏見稲荷神社がゴールのトレイルレースです。大文字山からの京都市内の景色がとてもきれいでした。
12/23(祝)宝塚ハーフマラソン 記録:1時間39分35秒(ネット)
阪急宝塚駅近くからスタートし武庫川の河川敷を往復するコースです。日医ジョガーズ連盟の実走ボランティアとして参加しました。マウンテンマラソンの疲れもあり、やや遅いペースで走りました。
毎シーズン1回は風邪をひいてしまいますが、今年は宝塚ハーフマラソンのすぐ後から風邪をひいてしまい、1週間走れませんでした。

09年1月 走行距離234.1キロ

 出場大会:1/25(日)大阪ハーフマラソン 記録:1時間33分24秒(自己ベスト)
スタート時は雪が舞う寒い日でした。このレースも日医ジョガーズ連盟の実走ボランティアを兼ねて参加しましたので何かあれば止まるつもりでいましたが、マジで走りました。スタート直後の長居公園周回は狭くて走りにくいですが、その後は大阪の町中の広い道路を走れて、気持ちがいいですね。

09年2月 走行距離163.2キロ

 出場大会:2/15(日)泉州国際市民マラソン フルマラソン 記録:3時間24分24秒(ネット)
この季節にしては異様に高い気温でスタート前から嫌な予感がしていました。暑さのせいか30キロ前からずるずるペースが落ちていました。コースには最後に大きな橋が二つあり、そこを往復するのですが、その橋の姿を見た途端に気持ちが切れてしまって最後はガタガタでした。

09年3月 走行距離234.8キロ

 出場大会:3/8(日)京都シティハーフマラソン 記録:1時間31分59秒(ネット、自己ベスト)
最初の走り出しは狭くて走りにくいですがその後は走りやすく、後半が下り基調になるコースで、自分としては好きな大会でしたが今年で最後になってしまいました。2年後にフルマラソンに生まれ変わる?とのことですので、期待したいと思います。

09年4月 走行距離148.7キロ

 出場大会 4/19(日)長野マラソン フルマラソン 記録:3時間20分59秒(ネット)
シーズン最後の大会で、自己ベスト更新を狙っていました。練習もまずまずこなし、後は気象条件さえ良ければ、狙えるかなと思っていました。しかし当日は朝からウォームアップをするだけで汗ばむような暑さで、またまた嫌な予感がしていました。それでも記録を狙いに行って前半のハーフは予定通り1時間37分19秒と福知山マラソンの時より少し良いタイムで通過しましたが、そこまででした。暑さのため前半から各エイドで給水し水をかぶって走っていましたが、30キロ過ぎからタイムが落ちてきて記録更新はなりませんでした。

09年5月 走行距離195.8キロ


09年6月 走行距離236.1キロ



 今シーズンを振り返ると、ハーフマラソンはレース毎に記録が伸びて、満足できる結果だったと思います。フルマラソンは、シーズン初めに自己ベストが出ましたが、その後は更新できませんでした。気象条件は良くなかったと思いますが、フルを3時間10分台で走れる体ができていなかったとも言えると考えています。
今の自分のスピードを考えると中々しんどいと思いますが、今後の目標としては、ハーフは1時間30分切り、フルで3時間15分切りを目指して練習していこうと思っています。

2009.07

バックナンバー
このページTopに戻る